So-net無料ブログ作成
日本・近代史 ブログトップ
- | 次の10件

「大逆」事件と「爆弾計画」事件――天皇制をめぐる雑感 [日本・近代史]

103年目を迎えた、国家による「合法的」な大量殺人である「大逆」事件。昨日の投稿で述べたように、その発端となったのは、1910年5月に機械工の宮下太吉が「爆発物取締罰則」違反の容疑で検挙されたことにありました。民衆を覚醒させる手段として明治天皇殺害を決意した宮下は、その前年から管野スガ・新村忠雄・古河力作との四名で計画を進行させ、爆弾の試作実験を行っていました。
大逆事件.jpg
【左が宮下太吉(1875-1911)、右が菅野スガ(1881-1911)】

宮下ら四人による「爆弾計画」事件について、これも官憲による「でっち上げ」「架空の事件」ではないのか、という意見を、ネット上で目にしました。しかし、現在までに判明している「大逆」事件関連の史料・研究を読む限り、宮下太吉らの「爆弾計画」事件については官憲のでっちあげの可能性は低いというのが、私の判断です。それはまた、これまで多くの歴史家たちが、「大逆」事件の真実を明らかにすべく渾身の力で史料を発掘し、議論を積み上げた結果得られた定説でもあります(興味のある方は、入手の容易な本として、最近復刊された神崎清『革命伝説』全四巻(子どもの未来社、2010年)をご覧ください)。

多くの歴史家とともに私も、宮下・管野たちが天皇暗殺に賭けた情熱と行動は本物で、爆弾試作は史実であったと考えます。それすらも「架空」だ、「でっち上げ」だと否定することは、彼ら四名の信念や志を無にすることになり、それでは彼らも決して浮かばれないと思います。史料に即して史実を可能な限り明らかにし、それを自分勝手な立場から捻じ曲げないことが、「大逆」事件犠牲者たちに対する私たちの責任だと信じます。

「大逆」事件の本質は、四人の「爆弾計画」事件を、社会主義者の全国的陰謀として官憲が恣意的に書き換え、「大逆」罪を発動することによって社会主義者を「合法的」に殺戮し絶滅することを企んだことにあります。

戦前の刑法第73条に規定されていた皇室危害罪=大逆罪は、天皇などに対して実際に危害を加える行為だけでなく、危害を加えようとする一切の企て、すなわち予備・陰謀・幇助などをも刑罰の対象とし、その全てについて死刑に処す、という恐るべきものでした。宮下ら四人の「爆弾計画」は、この大逆罪に触れる相当の覚悟と信念によって行われたと思われます。他方、死刑判決を受けたその他20名の「罪状」は、当時の刑法からいっても全くのでたらめ・捏造で(四人の「爆弾計画」を事前に知っていた幸徳秋水については議論がありますが)、彼らの無念は察するに余りあります。

上のような意味で、「大逆」事件は官憲によるフレームアップ=「でっち上げ」でした。しかし、宮下・管野たち四名の明治天皇暗殺計画と、そのための爆弾試作までがでっち上げだったわけではありません。被告たちの「潔白さ」を信じるあまり、四人の明治天皇暗殺計画を否定したり、その意味を軽視したりすることは、かえって歴史の真実を覆い隠すことになります。そうした「善意」による史実の歪曲は、「日本人が天皇の暗殺を企てるはずはない」といった「神話」につながり、天皇制を自明視する精神構造を強化する恐れすらあるでしょう。それは、天皇制国家に殺された四人の志そのものを否定することにほかなりません。

史料に即して史実を追求し、勝手に捻じ曲げないこと。それは、先人たちの歴史から私たちが教訓を得るために、絶対に不可欠な条件です。

「大逆」事件という兇悪な国家殺人――1911年1月24・25日 [日本・近代史]

103年前の昨日(1月24日)、「大逆」事件の被告としてでっち上げられた幸徳秋水ら11名が、日本の国家権力によって惨殺されました(翌日には管野スガも殺害)。

この非道な国家犯罪の発端は1910年5月25日、長野県明科の機械工の宮下太吉が「爆発物取締罰則」違反の容疑で検挙されたことにありました。宮下宅からは多数のブリキ缶や火薬原料などが発見され、それらが明治天皇の暗殺を目的とする爆弾の材料として準備されたことが、宮下の自供によって明らかにされました。

宮下は民衆を覚醒させる手段として明治天皇殺害を思い立ち、菅野スガら三名と相談しながら、爆弾実験などを行っていました。しかしこの計画が具体化しないうちに、警察は宮下の爆弾製造を察知してこれを捕縛、きびしい取調べの末に天皇暗殺計画についての自白を得たため、爆弾事件は皇室危害罪(大逆罪)の適用される「大逆事件」へと展開してゆきます。

大逆罪を規定する刑法第73条は、天皇などに対して実際に危害を加える行為だけでなく、危害を加えようとする一切の企て、すなわち予備・陰謀・幇助などをも刑罰の対象とし、その全てについて死刑に処す、という恐るべきものでした。

20世紀はじめの日本において、天皇制国家の帝国主義戦争に正面から反対し、自由と人権の擁護を最も強く主張したのは、社会主義者たちでした。彼らは、日本政府が帝国主義政策を遂行してゆくうえで、最大の障害でした。そこで政府は、宮下らの爆弾事件を利用し、この機会をとらえて「大逆」罪を発動することによって、社会主義者たちを「合法的」に殺戮し絶滅することを企んだのです。

検察当局は、天皇暗殺計画の首謀者は著名な社会主義者の幸徳秋水であると決めつけ、6月1日に逮捕しました。さらに検察は、宮下ら四名による爆弾事件の本来の構図を恣意的に書き換えて、幸徳を中心とする社会主義者、とりわけ「無政府主義者」による全国的な「大逆」陰謀事件という筋書きを捏造しました。この架空の構図に沿って、本来の爆弾事件とは何の関係もない社会主義者が、全国各地で次々に検挙されたのです。最終的に「大逆事件」の共犯者として起訴された者は二十六名に及びました。

このでっちあげ事件の裁判は異例のスピードで展開され、1911年1月18日、大審院は幸徳秋水ら24名に死刑判決を下しました(翌日、うち12人が明治天皇の「仁慈」(?)によって無期懲役に減刑)。そして判決から一週間もたたない24日、市ヶ谷の東京監獄で幸徳ら11名の、25日に管野スガの死刑が執行されてしまったのです。

それから103年目の1月24日、国家権力によって12名が惨殺された現場である東京監獄の跡地を私は訪ねました。その一部は現在、新宿区の富久町児童公園となっています。かつて刑場があったとされる場所には1964年、日本弁護士連合会によって「刑死者慰霊塔」が建てられました。

監獄跡地の公園では、おしゃべりに夢中な母親たちのそばを小さな子どもたちが走り回り、かたわらのベンチではお年寄りが日向ぼっこしています。穏やかな冬の日、その片隅にひっそりと建つ慰霊塔には、心ある人によって新しい花が供えられていました。平和な世界の実現のために身命を賭しながら、それがあだとなり天皇制国家権力によって「大逆」の血祭にあげられた12名の犠牲者たち。103年前に行われたこの兇悪な国家殺人に対して怒りを新たにしつつ、彼らの志をいかに受け継ぐべきか、思いをめぐらした一日でした。

【写真は、東京監獄の刑場跡地に建つ「刑死者慰霊塔」(1月24日)】
P1240551.JPG

NHKドラマ『足尾から来た女』についての疑問 [日本・近代史]

NHKドラマ『足尾から来た女』。時代背景が私の狭い専門分野と重なっていることもあり、中国でもずっと楽しみにしてきました。幸い今回、日本への一時帰国を利用して再放送を観ることができました。

日清・日露戦争に勝利し、一躍新興帝国主義国家としてのしあがった明治日本。当時の日本にとって、銅は富国強兵に必要な外貨を得るために不可欠な輸出品でした。そうした国策による足尾銅山の急速な開発によって引き起こされたのが、足尾鉱毒問題です。

1890年代末から数度にわたって行われた足尾鉱毒被害農民ら数千人の上京示威運動や、田中正造の「直訴」などを経て、足尾鉱毒被害を救済すべきだとする世論が急速に高まりました。こうした世論の圧力によって、政府もようやく鉱毒対策に重い腰を上げはじめます。しかし、富国強兵に必要な足尾銅山の操業を停止するという選択は、日本政府にはありません。そこで窮余の策として現れたのが、鉱毒被災地の一つ谷中村をつぶして、ここに巨大な遊水地を造り、流域の鉱毒を緩和する、という案でした。

こうして谷中村は、国策の前に犠牲の羊として生贄にされてゆきます。この不正不義に憤った田中正造は、強制立ち退きを拒む谷中村民とともに、巨大な国家権力に敢然と立ち向かう道を選びました。このような時代背景のもと、田中正造を中心とするさまざまな人間模様を描き出そうとしたのが、ドラマ『足尾から来た女』です。

ドラマの主題である谷中村問題は、国策・国益の名の下に、一部地域の住民の人権を奪い深刻な犠牲を強いるという点で、現在の原発問題や普天間移設問題とも通じています。その意味では、今の時期にこうした重大なテーマを扱ったドラマを制作した方々に、敬意を表したいと思います。

しかし、明治時代の社会運動を研究してきた私にとって、このドラマは疑問を感じざるを得ない点がいくつかありました。

その一つは、『足尾から来た女』という題名です。ドラマの主人公の女性は、足尾銅山からではなく、鉱毒の被害を受けた谷中村から来たのです。足尾銅山は渡良瀬川の上流にあり、谷中村はそのはるか下流に位置し、両者は地理的に大きく隔たっています。にもかかわらず、なぜこのような題名にしたのでしょう?

このドラマのさらに大きな疑問点は、当時の社会主義者、とりわけ石川三四郎の描き方です。ドラマで石川は、谷中村から来た貧しい娘にセクハラを働くような、傲岸で裏表のある浮ついた人物として描かれています。しかしそれは完全に史実に反するものです。私の知る限り、当時の石川三四郎は非常に繊細で内向的な青年で、ドラマが描く人物像とはむしろ正反対の人格なのです。

確かに石川は「自由恋愛」論を唱えましたが、それは当時の前近代的で抑圧的な家族制度・結婚制度を批判し、真実の愛に基づく男女の精神的な結合を強調するものでした。ドラマでは、石川の「自由恋愛」論はフリーセックス論のようにみなされていますが、そうした曲解は、当時の御用論客が社会主義者を反倫理的な怪物に仕立てるためになされたものです。ドラマの描く石川の人間像は、御用論客によって醜く描かれた当時の社会主義者像と相似的だと思いました。

そもそも石川は徹底した非暴力論者で、階級闘争にすら否定的でした。その石川が、あたかも暴力革命論者のようにドラマでは描かれているのも、おかしなことです。

このドラマでは、幸徳秋水・堺利彦ら社会主義者を、観念的に革命ばかり唱えている頭でっかちな人間としてことさらに描き、そのカリカチュアとして石川の人間像を造ったように見えます。それと対比する形で、「地に足の着いた」田中正造の実践の「偉大さ」を際立たせようとしているのではないでしょうか。しかし、当時の社会運動を研究してきた私としては、こうした対比の仕方は全く納得できません。

1907年2月の足尾銅山争議・暴動事件と社会主義者との関係についても、ドラマの描き方には首を傾げざるを得ません。その頃足尾銅山には、坑夫の自発的な労働組合(大日本労働至誠会)が組織され、組合の主導する待遇改善運動が始まっていました。が、その矢先、組合を嫌う飯場頭によって暴動が扇動され、その結果組合もその地道な努力も破壊されてしまったのです。しかし警察はこれを利用し、この暴動は社会主義者が扇動したものだというデマを流しました。こうした史実について、ドラマの描写は実に不正確で、むしろ当時の警察見解に近いものだという印象を受けました。

また、社会主義者を一律に「国家転覆」陰謀者として弾圧した当時の警察見解についても、ドラマはそのまま追認しているように見受けられました。こうした見解は「大逆」事件のでっちあげへと連なるもので、当時の多くの社会主義者たちの実際の思想や行動からはかけ離れたものです。

総じて、このドラマでは当時の社会主義者が戯画化、さらに言えば悪魔化されているように、私には感じられました。彼らについて親しく研究してきた者として、こうした描き方はとうてい納得できるものではありません。意義深いテーマを扱っているドラマであるからこそ、いっそう残念に思います。

20世紀初頭の日本において、帝国主義戦争に正面から反対した唯一の人びとは、彼ら初期社会主義者です。当時において、最も強く自由と人権の擁護を主張し、最もラディカルな民主主義を主張したのも彼らです。田中正造が偉大なのは確かであるとしても、それを強調するためになぜ初期社会主義者たちをことさらに貶める必要があるのでしょうか?私には理解できません。


【後記 1月26日】
前編の放送で、貧しい農民の娘にセクハラを働く卑劣な男として描かれた石川三四郎。後編の放送(1月25日)ではなんと強姦魔(未遂)として現れました。明治時代の初期社会主義者たちが遺した史料を読み込んできた私にとって、石川は親しい友人も同然です。その彼がこのような侮辱的な描かれ方をされたことに対し、私は怒髪天を衝く思いをし、今も怒りと悲しみが収まりません。

それだけなら私憤かもしれません。しかしこのドラマでは、初期社会主義者たちが戯画化され、その延長線上に非人間的な怪物・犯罪者として石川三四郎が造型されています。当時の日本において、彼ら社会主義者たちは、帝国主義戦争に正面から反対し、最も強く自由と人権そして民主主義を主張しました。フィクションとはいえ、ドラマが彼らをかくも貶めて描いたことは、単に史実を歪めるということを越えて、日本の近現代史に対するさまざまな偏見を視聴者にもたらすことでしょう。その意味でも、私はこのドラマにおける描写を看過できず、この歪曲を決して許すことができません。

【後記2 1月26日】
後編でもう一つ疑問に思ったのは、娼妓の描き方です。近代日本において娼妓は、人間としての自由も権利も尊厳も全て奪われ尽くされた性奴隷として、弱者中の最弱者と呼ぶべき人びとです。その意味で彼女たちは本来、谷中村の人びとと相似的な存在であるはず。ところがこのドラマは、娼妓を醜悪な人格破綻者として描き、彼女たちの境遇に対する同情や共感のかけらさえ見られません。谷中村問題をテーマとするドラマがこの程度の人権意識しかないことに、驚かされました。
- | 次の10件 日本・近代史 ブログトップ

長春だより

Copyright © 2013 OTA Hideaki All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。